筋トレダイエット

有酸素運動と無酸素運動

運動については、具体的に有酸素運動と無酸素運動とに分かれます。

 

 

「有酸素運動」は酸素を取り込み、

 

充分な呼吸を確保しながら、それを利用する運動です。

 

 

 

有酸素運動は全身を使う運動であり、ウォーキングやマラソン、水泳などが挙げられます。

 

 

極度に激しすぎる運動ではなく、
呼吸しながら酸素がきちんと筋肉に行き渡る運動方法で、常に筋肉に酸素が行き渡っているから状態の運動のことをいいます。

 

 

 

これに対して、「無酸素運動」は、酸素を取り込まずに行う運動です。

 

 

短距離走、テニスなど、激しい運動による運動です。

 

無酸素運動は身体の一部分を鍛える運動であるので、筋肉トレーニングもこれに該たります。

 

 

ダンベルなどを使った瞬発力を使うトレーニングもこれにあたります。

 

 

また、筋肉を鍛えるものであれば、
腕立て伏せや腹筋など、身体の一部分を鍛える運動も無酸素運動になります。

 

運動は、そのためのエネルギーとして、糖質と脂肪の2つを利用して行われます。

 

有酸素運動は、脂肪を消費し、体脂肪と血液中の中性脂肪を減少させます。

 

「有酸素運動」は体脂肪が抑えられることにより、肥満が原因の生活習慣病予防に効果があります。

 

これに対し、激しい運動による無酸素運動は、エネルギーの燃料であるグリコーゲン(糖)を消費します。

 

激しい運動を長く続けると疲れるのは、
これによって、体が酸性化するため、グリコーゲンが分解されることによって、乳酸が作られます。

 

 

「無酸素運動」は、糖(グリコーゲン)を消費するものですが、体脂肪を減らすというものではありません。

 

 

激しい運動で消費カロリーを増やしても、体脂肪は効率よくは燃えません。

 

ですが、筋肉トレーニングを行う事で、
基礎代謝を高まりますので、脂肪を落とした後にリバウンドが少ない体作りが出来ます

 

 

脂肪燃焼を考える人は、有酸素運動、無酸素運動を取り入れる事によってより効果を高める事が出来ます

 

 

手軽に有酸素運動が出来るトレーニング機器

 




体の動きにあわせた呼吸が大事!

基礎代謝量を減らすのには無酸素運動も必要ですが、

 

体脂肪を燃やすには、有酸素運動が適していると言われています。

 

 

しかし、無酸素運動であっても、運動中に「呼吸」はします。

 

 

たとえば、筋トレで高負荷の重量を持ち上げるとしても、
呼吸は必ず、意図的に行います。

 

 

重量挙げの選手はバーベルを持ち上げる瞬間に「ウォー!」と声を出しますが、
単なる気合いではなく、1つの呼吸でもあるのです。

 

 

 

有酸素運動でも、
無理して行い、浅くて速い呼吸になると、脂肪を燃焼するために必要な酸素が不足します。

 

 

息が苦しくなったときは、無酸素運動になってしまっているといえます。

 

がんばり過ぎるとグリコーゲン(糖質)ばかり多く使われ、体脂肪は燃えません。

筋トレダイエット記事一覧

ダンベルなどを使った瞬発力を使うトレーニングや、腕立て伏せや腹筋など、身体の一部分を鍛える運動も無酸素運動だとお話しましたが、筋トレはすべて「無酸素運動」ということは必ずしも言えません。これは一概に断定することはできず、トレーニングの方法により、無酸素運動になる場合も有酸素運動になる場合もあります。有酸素運動、無酸素運動の違いは「呼吸をするかどうか」ではなく、その運動が「酸素を利用しているか」によ...

「基礎代謝」は寝ているだけでも消費されるカロリーです。 1日で消費する全エネルギーのうちの70%を占めるのが、基礎代謝です。消費するエネルギーよりも、摂取するエネルギー多くなると、排出されなかった残りのエネルギーは、体の中に脂肪として、蓄積されてしまうことになります。人間が食べ過ぎると太るのは、このためです。有酸素運動というとすぐに思い浮かべるウォーキングは、脂肪を燃焼してくれる素晴らしい運動には...